round_stone

スポンサーリンク
analog-digital

(7,3)巡回符号

生成多項式g(x)の(7,3)巡回符号をすべて求めます。 手順は次の通りです。 1. 元の情報ビット数を確認する 2. 巡回符号を計算する
analog-digital

(6,3)線形符号の行列演算

3ビットの符号(111)を次の生成行列で符号化する場合、具体的な計算手順は次のようになります。 1. 生成行列が組織符号かどうか確認する 2. 行列演算を行う
analog-digital

巡回符号

2進数の並びを多項式として表現し、情報を符号化する手法です。例えば、4ビットの2進数0011は次のように表されます。 $$ (0,0,1,1) = 0 \bullet x^3 + 0 \bullet x^2 + 1 \bullet x^1 ...
analog-digital

線形符号

線形符号は、誤り検出訂正に使用される符号の一つです。情報の符号化と復号が効率的に行えるという特徴があります。また、符号同士を加算したものも符号になるという特徴があります。 線形符号の流れ 情報をxとするとき、符号語uはxと生成行列Gの行...
analog-digital

ハミングの限界式

kビットの情報語をnビットの符号長に符号化するとき、1ビットの訂正を可能にするにはkとnの間に次の関係が成り立ちます。kビットの情報語をnビットに符号化して伝送路に送信するとき、
analog-digital

誤り訂正

誤り訂正とは ディジタル情報を、ある場所(送信元)から別の場所(受信先)に伝える(通信する)ことを考えます。この時、途中経路の雑音などによる理由で、本来伝えようとしていた情報に誤りが生じる場合があります。この情報の誤りを、受信先で検出して...
analog-digital

正弦波信号の量子化

実効値100mVの正弦波信号を8ビットに線形量子化したとき、量子化レベルの最小値(分解能)は、およそ何ボルトになるかを求めます。量子化は正弦波のピーク・ピーク値に対して行う必要があります。まず、実効値
analog-digital

アナログ・ディジタル変換と雑音

雑音の発生タイミングと対策 アナログからディジタルへの変換プロセスでは、雑音が発生する場合があります。雑音が発生すると、変換後のディジタル信号から元のアナログ信号を復元する場合に、完全な形での復元ができなくなります。  発生個所 名称...
analog-digital

標本化定理

標本化定理(標本化周期(サンプリング)の目安) 「元のアナログ信号に含まれる最高周波数がfのとき、2fよりも高い周波数(頻度)で標本化すると、元のアナログ信号を完全に復元できる」 コンパクト・ディスクの例 人間の耳に聞こえる周...
analog-digital

標本化と量子化

アナログ信号をディジタル化する時、まず標本化を行います。標本化では、アナログ信号をある一定の時間間隔で抽出します(サンプリング)。この抽出を行う時間間隔を周期Tとした時、その逆数を標本化周波数(サンプリング周波数)と呼びます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました