1次遅れ要素の比例ゲインと時定数


次の伝達関数について、比例ゲインと時定数を求めます。
$$ G(s) = \frac{20}{s+4} $$

手順は次の通りです。
1. 1次遅れ要素の形式に変形する
2. 比例ゲインと時定数の対応を確認する

1. 1次遅れ要素の形式に変形する

\( \frac{K}{Ts+1} \)の形に変形します。
$$ G(s) = \frac{20}{s+4} = \frac{\frac{20}{4}}{\frac{s}{4}+1} = \frac{5}{0.25s+1} $$

2. 比例ゲインと時定数の対応を確認する

\( \frac{K}{Ts+1} \)との対応を確認すると、
$$ K = 5, T= 0.25 $$
よって、
比例ゲインは5, 時定数は0.25です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク