round_stone

スポンサーリンク
control

1次遅れ要素

1次遅れ要素とは ブロック線図の要素の一つです。入力に対する出力の遅れをモデル化したものです。伝達関数の最高時数が1であることから、1次遅れ要素と呼ばれます。 電気系では積分回路が1次遅れ要素です。コンデンサの両端電圧は、電源投入後、...
control

フィードバック系システムの伝達関数

次のフィードバック系システムの伝達関数を求めます。手順は次の通りです。 1. ブロックを簡略化 2. 伝達関数の計算
control

ブロック線図の結合

制御システムの要素は、結合することで簡略化が行えます。 直列結合 直列に接続されたブロックを、乗算して1つにまとめます。 並列結合 並列に接続されたブロックを、加算または減算で1つにまとめます。 フィードバック結合...
control

ブロック線図の要素

ブロック線図とは 制御システムの構造を視覚的に表現したものです。単純な機能の制御要素を結合することで、複雑なシステムを表現します。 ブロック線図の要素 ブロック システムの伝達要素(伝達関数)を表します。 矢印(信号) 信号の流れを表します...
control

伝達関数に単位ステップ入力を加えた出力

伝達関数G(s) = 1/(s+2)に単位ステップ入力u(t)を加えたときの出力y(t)を求めます。 手順は次の通りです。 1. 伝達関数に単位ステップ入力を加える 2. 部分分数に展開する
control

時間関数のラプラス変換

時間関数f(t)のラプラス変換を求めます。 手順は次の通りです。 1. 各項のラプラス変換を、ラスラス変換表から求める 2. 両辺にラプラス変換を適用する
control

ラプラス変換表と性質

単位インパルス信号と単位ステップ信号は、システムへの入力信号としてよく利用されます。単位インパルス信号に対応するs関数は1です。
control

t領域とs領域

この回路はRCの積分回路です。抵抗RとコンデンサCが直接に接続されて、電源Viが接続されています。電圧viと抵抗R,コンデンサCの関係は、次の式で表されます。
control

伝達関数とラプラス変換

伝達関数とは 動的システム(入力の変化から出力の変化に時間がかかるシステム)は微分方程式で表されます。微分方程式で表されるシステムは、ラプラス変換を使うことで代数的に計算することができます。この時、システムを伝達関数で表します。 伝達関数は...
analog-digital

(7,3)巡回符号

生成多項式g(x)の(7,3)巡回符号をすべて求めます。 手順は次の通りです。 1. 元の情報ビット数を確認する 2. 巡回符号を計算する
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました