NANDゲート

logic

NANDゲートは、ANDゲートの出力を反転したゲートです。2入力NANDゲートのシンボルは、2つの入力端子と1つの出力端子を持ちます(図1)。論理ゲートを構成するトランジスタ数はANDゲートよりもNANDゲートの方が少ないため、NANDゲートを基本として、ANDゲートはNANDゲートの出力をNOTゲートで反転したものと考える場合があります。例えば、論理回路の回路規模は「NANDゲート何個分」という形で見積もることが一般的です。

図1 NANDゲート

2入力NANDゲートを論理式で表したのが、(1)です。

$$Z = \overline{A \bullet B} \ \ \ \ \ \text{(1)}$$

NANDゲートの真理値表は、ANDゲートの真理値表の出力値を反転したものになります。

表1 2入力NANDゲートの真理値表
A B Z
0 0 1
0 1 1
1 0 1
1 1 0

2入力NANDゲートをVerilogで記述すると、次のようになります。

タイトルとURLをコピーしました